皆様こんにちわ(^^♪

三重県四日市で注文住宅を手掛ける、CHECKHOUSE+四日市スタジオです。

 

最強寒波も一段落して、ここ2・3日は凍える日も少なくなったように思います。

今年の冬は外にあまり出ていないせいか、得意では無かったはずがいつもよりは快適に感じます。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、本日のブログになります。

本日は、お家の気密性についてのブログになります。

デザインを得意とするメーカーは、住宅性能について多くは語らない、といったイメージをお持ちの方も少なくはないと思います。

実際に、そういったメーカーも多くあるように感じます。

弊社もお客様とお話を進めていく中で、お客様にデザイン重視の会社と言われることが多く、性能面はおろそかなのでは?

といった疑問を持っていらっしゃるお客様も見えます。

確かに弊社では、他に無いデザイン、センス、本物の質感で、明確なコンセプトを持った家創りを行っています。

デザインに注力してるのは確かですが、性能面も苦手なわけではありません。

実はCHECKHOUSEでは、住宅性能もトップレベルを誇っています。

現在の高性能住宅を語る上で、高気密、高断熱といった言葉は欠かせません。

簡単に説明させて頂きますと、

・高気密=隙間の無い家

・高断熱=外気の影響を受けにくい家

といった感じでしょう。

この二つの性能が高いと言う事は、エネルギー消費を抑える事が出来る。

すなわち、快適でエコロジーな生活に繋がるわけです。

どのハウスメーカーもこの二つの性能を引き合いに出していますよね。

明確に性能が数字化することができ、解りやすいと言う事もあるのですが

その中でも、”気密性”は断熱性や耐震性と違って、計算上の数値では無く

現場での測定が数値として出る為、誤魔化しや嘘が一切できません。

どれだけ丁寧に、現場でしっかりと施工されているのか、職人の腕の良さ、現場の管理体制が試されるといっても過言ではありません。

そこで今日は、弊社で先日行った、気密測定の結果についてお話し致します。

気密性は、隙間相当面積(C値)という数字で表す事が出来るのですが

この数値が低ければ低いほど隙間が小さいということになります。

仮に、完全密閉された空間があるならばそれは”C値0c㎡/㎡”になります。

そしてそのお家の数値は ”C値0.32c㎡/㎡” でした。

まだボードやクロスも貼っていない、断熱材までの状態での数字です。

ここに、ボードやクロスなどを施工すればさらに数値は良くなるでしょう。

性能を重視しているメーカーの数値を、はるかに上回っているのが数値でわかります。

 

現在日本の住宅では気密性については明記の義務はありません。

国の定める次世代省エネルギー基準の最低基準を ”C値5c㎡/㎡” という基準を設けています。

北海道や青森の方でも ”C値2c㎡/㎡” といった基準です。

CHECKHOUSEのお家では全館空調を搭載した住宅性能を

”C値 0.5c㎡/㎡” 以下

”Ua値 0.46c㎡/㎡” 以下

といった基準を設けております。

その数値を超えてしまった住宅は、当然再度やり直しになります。

実際現場での平均測定数値が ”C値0.37c㎡/㎡” といった日本の基準の約15倍もの性能をもった住宅になります。

ちなみに年間平均気温がマイナスになる所もあるカナダの基準が ”C値0.9c㎡/㎡” なのでこの性能の高さがわかるでしょう。 

実はこうした厳しい基準の中、CHECKHOUSEのお家は出来ているのです。